2006年10月06日

『読むだけで痛くなる話』

雷私が、中学3年生の2月に起こったお話です雷

中学3年生の2月といえば、受験の真っ只中の、不安と、焦りが入り乱れた地獄のような時期でしたダッシュ(走り出すさま)(だからと言って、頑張って勉強していた訳ではないのですが…)

そんな、受験生達が心から楽しめる唯一の時間がサッカー体育の時間バスケットボールでしたるんるん

私達は、無我夢中にキャーキャー遊びましたテニス

その時ですどんっ(衝撃)

卓球台が突然私の足に向かって倒れてきましたふらふら

私は、避けることができませんでしたもうやだ〜(悲しい顔)
痛がっている私を見て笑っているクラスメイト…
一緒になって笑う私……

笑いながら、

「何で避けることが出来なかったのだろう??」

と後悔しつつ、病院に連れて行かれましたたらーっ(汗)

複雑骨折…  全治2ヶ月…

次の日登校すると、この話題は、みんなに知られていましたバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印) 
「反射神経が鈍い子」

卒業を目前に控えて、私は、そんなレッテルを貼られましたふらふら

あだ名は「ピンポン」


痛い!!痛すぎる!!!


中学最後の、バレンタイン…受験…卒業式…
ビックイベントを松葉杖で迎えた私…


痛い!!痛すぎる!!!


肉体的にも、精神的にも痛い一生の思い出ですふらふら

posted by メロンパン at 17:54| Comment(4) | TrackBack(0) | だね!っと今週のテーマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
複雑骨折。
どれほど痛いのか骨折の経験がないので分かりません? が、
それよりも《ちょっと》気になったのが、「中学最後の、バレンタイン・・・受験・・・卒業式」の最初にきたバレンタイン!
何かあったのかな〜?
《おやじ》的に気になります。
Posted by 精工石材店 at 2006年10月06日 18:55
松葉杖かギブスに寄せ書きしてもらったかー?www
Posted by いくち at 2006年10月06日 22:18
中学生活最後に、大変な怪我でしたね。私も中学1年の10月に骨折をし、その時回りの人たちにずいぶん助けて頂きました。でも、ピンポンと言うあだ名は可哀想です。今だにそう呼ばれているのですか?
Posted by 岡庭 at 2006年10月06日 23:12
☆精工石材店さん☆
バレンタインは、手づくりチョコを作ろう!!と計画していたのに、ダメになりました。でも、買ったチョコのが美味しかったかもしれませんね!!

複雑骨折よりも痛い淡い思い出です☆

☆いくちゃん☆
もちろんビッシリよ!!受験の時にカンニングできてしまうかと思う程!!でも、いい子ちゃんにそんなことはしなかったからご安心を…

☆岡庭さん☆
骨折すると 仲間の有り難みが身に染みてわかりますよね♪悪いことの中にもいいことが♪
ちなみに ピンポンとはもう呼ばれていませんよ☆ご安心を!!
Posted by メロンパン at 2006年10月09日 17:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。